« 久しぶりの博物館 | Main | ガラスの心 »

February 25, 2018

チャイコフスキー 交響曲5番について

聞き比べ中

バーンスタインやアバドの洗練された演奏。
ムラビンスキーのロシアはこれだという歌い込む演奏。
ゲルギエフの4楽章の半端ないffff。

いろいろ面白い。

どの演奏も2楽章のピチカートはとてもゆったりと演奏している。
3楽章はとっても軽い。
弦楽器は弓が完全に楽器に乗っていて、コマよりの太い音が聞える。

|

« 久しぶりの博物館 | Main | ガラスの心 »