February 25, 2018

チャイコフスキー 交響曲5番について

聞き比べ中

バーンスタインやアバドの洗練された演奏。
ムラビンスキーのロシアはこれだという歌い込む演奏。
ゲルギエフの4楽章の半端ないffff。

いろいろ面白い。

どの演奏も2楽章のピチカートはとてもゆったりと演奏している。
3楽章はとっても軽い。
弦楽器は弓が完全に楽器に乗っていて、コマよりの太い音が聞える。

|

October 22, 2017

久しぶりのコントラバス

久しぶりにコントラバスを弾いた。
バッハ 管弦楽組曲3番
     ブランデンブルグ3番
ドヴォルザーク セレナーデ(弦楽)、
           セレナーデ(管楽器とチェロとコントラバスのための)1,4楽章
第九  1楽章
モーツァルト クラリネット五重奏

少々疲れた。


月 豚ロースカリカリ焼き
  人参とピーマンの炒め物
  かぼちゃと鶏肉のカレー煮
  小松菜の鰹節和え

火 鮭、カボチャ、パプリカの鉄板焼き
  ほうれん草のゴマ和え

水 サツマイモ、パプリカ、マイタケの炒め物
  ほうれん草の卵とじ
  アスパラガス ブロッコリー 

木 筑前煮風(コンニャク無し、ゴボウ無し)
  ほうれん草とオクラのゴマ和え

金 親子煮
  ほうれん草とオクラのゴマ和え
  松茸、カボチャ、アスパラガスのソテー

|

July 18, 2017

Westside Story

初ブロードウェイミュージカル
初東急シアターオーボ

木曜日の夜に4日後のチケットを購入。3階だけど1列目真ん中で良い席だった。
1日2公演の日だったためか、若干ダンスに疲れが見られた。
マリアが前半全然駄目で、声が出ない、音程が悪い、で大丈夫?だったけど、後半のsome whereのバックでの歌は別人かと思うような音程の良さだった。別人だったりして。

現代版ロミオとジュリエットだとは知っていたが、ここまでシェークスピアを倣っているとは知らなかった。
オケは難しそう。来年シンフォニックダンスを演奏するので参考になったけど、果たして出来るかしらん。

|

September 28, 2016

ソルフェージュ

昨日は久しぶりのソルフェージュ

ぞうさんの楽譜を書く、、1箇所間違い
紅葉を書く、、正解
穴埋め、、6箇所間違い、だめだ
リズム、、1箇所間違い
和音聴音、、正解
中間和音を歌う、、長和音、短和音とも正解

|

February 20, 2016

ブルックナー

月曜日はほぼ定時に退社しサントリーホールへ。バレンボイム+シュターツカペレのモーツァルト22番とブルックナー6番を聴いた。なんという美しい音、美しいpp。本格的にサントリーホールで演奏会を聴くのは20年ぶりくらいかもしれない。

月 キンピラ牛蒡レンコン
  小松菜の胡麻和え
  鰤の胡椒焼き

火 牛肉大豆煮味のレンコン椎茸
  小松菜とほうれん草の生姜炒め
  芹の胡麻和え

五目きんぴら
おでん ・たまご・がんも・大根・はんぺん
鮮魚のカルパッチョ
京風出汁巻き玉子 ずわい蟹餡
特選鶏の陶板焼き
〆の焼きうどん
ワイン4杯、麦酒

水 豚ヒレ肉のソテー、エリンギのソテー
  牛蒡と人参のきんぴら
  ほうれん草の胡麻和え

木 牛肉とレンコン、人参、牛蒡、椎茸の煮物
  蕪菜と鰹節の炒め物
  芹の辛子和え

金 チリメン山椒のおにぎり
  錦松梅のおにぎり

イタリアン
 鰤のカルパッチョ、烏賊のフリッター、サーモンのパテ、アボガドとトマトのフリッター、ムール貝の蒸し煮、牛肉とモツ煮、4種のチーズピザ、唐辛子練り込みパスタ、ドルチェ
帰りは1時間40分(22時29分~0時11分)かけて歩き。

|

December 13, 2015

歌レッスン

2月から合唱を始め、夏からレッスンに行くようになった。
最初はシューマンの蓮の花
今日から同じシューマンのくるみの木
子音の発音が課題。
低い音の発声も課題。

若いころはソプラノだったのだが、最近は上も下も出なくなってアルトでごまかしていた。
こうやってボイストレーニングを受けると、声は出るようになるものということを実感中。
今日は上のBまで出ていたようだ。

|

August 30, 2015

フィンランディアは交響詩

昨日、フィンランディアのセミナーが有ったので聞いてきた。

そこで、「交響詩には詩がなければならない」という説明が有り、「どうして当初のフィンランディアには詩がなかったのか。それでも交響詩となったのはなぜか」という問いかけが有った。

交響詩=詩が必ずなければならない という意識は今まで全くなかった。
ドビュッシーの牧神の午後への前奏曲:ステファヌ・マラルメの相聞牧歌「牧神の午後」
スメタナの我が祖国:スメタナ自身が解説を書いている
リストの前奏曲:アルフォンス・ド・ラマルティーヌの詩 より
レスピーギ ローマ三部作:印象主義的な泉、歴史的印象の松、風景を表す祭

と、別に詩が無くとも作曲家自身がその印象を表現している。となると、フィンランディアに詩が無くとも、シベリウス自身の書いた「フィンランディア」という名前で十分なんじゃないか?まだなぞは残っている。

|

August 08, 2015

室内楽合宿はさんで

週末の室内楽合宿は17(実際は15時半)~翌日15時まで
やはり、林先生と一緒に弾くと楽しいし勉強になる。

大玉西瓜の皮が余りに見事だったのでお弁当に使ってみた。中華風、蒸しもの

 鰹の生姜煮
  かぼちゃと人参のソテー
  小松菜の胡麻和え

水 玉ねぎとピーマンとパプリカ入りオムレツ
  かぼちゃと人参の煮物
  シメジとオクラの煮物

木 チーズサンドイッチ
  卵、アスパラ、おくら

金 出張

土日 室内楽合宿
・シューベルト 弦楽四重奏 遺作
 シューベルト 弦楽五重奏 1,2楽章
 ハイドン    弦楽四重奏 日の出
 チェロ トリオ
 フォーレ   ピアノ三重奏
 フランク   弦楽四重奏(3楽章まで)

月 豆腐入り卵焼き
  ジャガイモ人参アスパラのマヨネーズサラダ
  小松菜の胡麻和え

火 鮪のシメジ蒸し
  ジャガイモとピーマンと玉ねぎのカレー風味
  小松菜の胡麻和え

水 鰻とピーマンの卵とじ
  玉ねぎとシメジとパプリカの炒め物
  小松菜の胡麻和え

木 スイカと豚肉の中華風炒め
  ゴーヤと人参とアスパラのサラダ
  小松菜の胡麻和え

金 牛肉と西瓜の蒸しもの

| | Comments (0)

May 05, 2013

今日知った良い曲

今朝のFMで流れていたいい曲。忘れないようにメモ。

プーランクやフランクが良いオルガン曲を作っているんだね。

「オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲 ト短調」
プーランク作曲

「前奏曲、フーガと変奏曲 作品18」 フランク作曲

| | Comments (0)

November 25, 2012

チェロレッスンメモ

久しぶりにチェロレッスンメモ

1.毎日曲を始める前に音階練習をすること。
2.4のポジションの時の左手が下がっている
3.右手の手首が下がっている(いつも言われること)
4.フルボーイングで、弓の端から端まで使うこと。全く足りていない。
5.High positionでビブラートをするときは、親指を付けておくこと。安定する。
  ただし、親指を付ける弦は1本。
5.次のエチュードをやってくること(ジュニア用だけど)
Louis R. Feuillard
Méthode du jeune violoncelliste

| | Comments (0)

より以前の記事一覧