September 06, 2009

ステロイド1週間

ステロイドが処方されて1週間。

今回の動き
8/31 処方1日目
    酸素飽和濃度 93で、影も出ているという症状だったためか、お昼にステロイドを飲んだのちに発熱。
    38度までの発熱が夜中まで続く
9/1 熱が幾分下がったものの、まだ咳も出る。夜中に症状がある。
9/2 熱が微熱程度までになったため、出社。動くと咳が出る。
9/3 平熱に下がるが、歩くスピードは遅い。動くと咳が出る。
9/4 歩くスピードは遅い。動くと咳が出る。
9/5 かかりつけの病院へレントゲンを持って出かける。ステロイドの量はそのままであと1週間。ほかにムコダイン、ムコサールを処方される。
    レントゲンを大学病院へ返却。帰りは駅まで歩いてみる。歩くスピードはかなり元に戻るが、急ぐと咳が出る。
9/6 かなり症状が改善。咳もほとんど出ない。
    ただし、だるい。寝てばかりいる。ステロイドの副作用か?

ということで、最近の印象だと再発してもステロイドを飲んだらすぐに良くなるという印象が、今回はちょっと時間がかかっている。影まで出ているので、仕方ないか。

| | Comments (0)

August 31, 2009

再発 好酸球性肺炎

急に胸痛が出て、横にもなれなくなったので
大学病院に行ってみた。
なんのことはない、再発だった。

最初は、レントゲンで水がたまっていて、先生が「この血液検査で浮腫みが無いのは変だなあ」と言っていたのだけど、2年前の数値に似ていて、その後、分画で好酸球が31%になったのが決め手となった。

現在、38度の熱のバクシン中。

教訓:怪しいと思ったら分画を確認。

| | Comments (0)

December 19, 2008

好酸球性中耳炎1週間後

1週間セレスタミンを服用したが、芳しくない。
耳の詰まり、自声の響きなどは相変わらず気になる。
ただ、顕微鏡で見ると、耳の下半分だけ何かつまっているらしく、上部は鼓膜がきれいになっているそうだ。このままで維持できれば、まだましなのか??

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 08, 2008

風呂掃除で

風呂掃除を久しぶりにしたら、黒カビがいっぱい繁殖していた。
カビキラーの類を使って、ふろがまの裏も掃除する。
念のため、開けたふたを乾燥させた。これでしばらくは大丈夫だろう。

黒カビと言えば、アスペルギルス。好酸球性肺炎の一種のアレルギー性気管支肺アスペルギルス症の原因となるもの。気のせいか、喉がイガイガしてきた。ピークフローを測ったらいつもと変わらないのでほっとする。

梅雨の時期なので、まめに掃除をしなくては。

| | TrackBack (0)

April 19, 2008

漢方が切れたら

衛益顆粒が無くなったら、とたんに湿った咳が出るようになった。
ということは、効いているんだろうな。

食べ過ぎにも気をつけなくちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2008

忘れ物

昨日、会社に行く途中で薬の飲み忘れに気づいた。

午後ちょっと頭が痛くなったが、それ以外は何も問題なく無事一日が終わった。
よかった。

| | TrackBack (0)

January 30, 2008

ステロイド減量中

当初15ミリを6日間続ける予定だったが、今日まで(つまり7日間)15ミリとした。
明日から10ミリにするけど、なんとなくいまいち体力が戻っていない感じ。

ただ、ちょっと回復してみると、1月の3連休は異常だったなあと思う。
じわじわとだるさが出ていたので気付かなかったのだけど、かなり動くのもしんどい状態だった。
今は、とりあえず歩けるし(いつものような速さではないけど)、体重は少しずつ戻っている。

体調が戻ったら、原因調査を始めようかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 26, 2008

ステロイド減量

今回の症状
12月20日ころ鼻風邪。12月24日(クリスマス)ころに突然匂いがわからなくなる。これは、どうも好酸球性副鼻腔炎を引き起こしていたらしい。
12月27日(人間ドック)血沈が異常値。呼吸機能も異常値。CRPとレントゲンは正常なのでひっかからず。
12月30日からずっと微熱。
1月9日および12日に別の種類の抗生物質を処方されるが下がらず。12日の血液検査で好酸球が34%になっていたため1月17日よりステロイド開始。

1月17日から23日 30ミリ
 痰が出にくくなったため、ムコダインおよびムコサール
 1月22日に息苦しくなったためテオドール追加
 好酸球性副鼻腔炎ならフルナーゼがいいということを思い出し、24日よりフルナーゼ点鼻
 最初の数日は熱はすぐ下がったものの副作用のことが気にならないくらい反応が鈍いと感じる。脈拍も高いままだったが、23日ころから脈も正常値に近づいた。
1月24日から26日 20ミリ
 25日ようやく少し元に戻ってきた。
 1月26日のレントゲンでは影はなくなっていた。

以下次の予定
1月27日から29日 15ミリ 
1月30日から2月2日 10ミリ
2月3日から6日 5ミリ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2008

ステロイド5日

木曜日からステロイド30ミリを飲んでいる。

あれほど続いていた微熱がぴったり治まったことと、咳が無くなったのは良いのだけど、それ以外が芳しくない。
息苦しさは残っているのでテオドールが必須だし
脈拍も落ちても70を超えている。
副作用の不眠や便秘が出ていない。

そうやってデータを調べていたら、前回は回復期から薬を投与されていて、今回は進行中から投与されている違いに気づいた。つまり、前回よりひどい状況に陥っていたということか。

投与前のデータ
       前回   今回
脈      80前後  100超え
熱      36.5度   37度超え
ピークフロー 200  測定不可能
好酸球値   20    34

こりゃ、いつになるやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2008

やはり再発

思い起こせば12月20日ころ。なんとなく風邪気味だなあと思っていたのだが、12月末から微熱が続き、咳が出て、なんとなく3月、6月頃のイヤーな感じが現れた。熱が下がらず、抗生物質が効かず、息切れがだんだんひどくなるに至って再発に違いないと思っていたが、やはり再発していた。
今回は好酸球34%。白血球は6200なので、白血球が増えた分がそのまま好酸球だったというわけ。

ステロイドを処方されたが今回はどれくらい続くのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧